EMS仕様のXJR1300がレッカー入庫・・・その4

XJR1300の充電不良は 新品のオルタネーターへの交換で治りました
しかし、充電電圧が低いような気がします・・・

原因は 車両ハーネス側に有りました
2000年式のXJR1300ですから ハーネスもそれなりに劣化(酸化)しています
場所はここ!
オルタネーターと車両ハーネスを接続するカプラーです
発熱した形跡が見られます

IMG_20230701_164928005640.jpg

写真のような状態で エンジンを始動して10分くらい暖気しました
裸にした端子を手で触ると 「熱い」!こんな状態です
電気が流れるところで発熱・・・ 一種の電熱器状態です
接触面積の減少や 配線の酸化などで回路の抵抗が増加して 
そこに電流が流れて電圧が発生して その分の電圧降下ですね
クランプメーターで 電流を計測すると約10A流れています
電圧降下分は 約1Vでしたので1V×10A=10W分発熱している計算です
10Wの電球玉が点灯しているときは おそらく熱くて触れないでしょうね!
回転数が上がれば もう少し電流が増えると想像できますので 発熱も増えるでしょう・・・

対策は 車両配線図を見て 純正の回路に影響が無いように
新たに別配線で充電電流が流れる回路を新設します
その結果が 前回のブログでも紹介した 13.28Vから14.34Vに上がった分けです!

この状態で試運転しました
このXJR1300も私のBANDIT1200同様 
キャブレター仕様から インジェクション仕様に変更していますので
EMSのデーターロガーが使用可能です ロガーONで走ってきました

ログです 見やすいように表示項目を減らしています

IMG_20230702_150456501640.jpg

白色がエンジン回転数 赤色がスロットル開度 緑がバッテリー電圧です
正確には EMSフルコンの電源電圧ですが バッテリー電圧表示に較正しています

緑色の低いところはアイドリング回転数 1150rpmで13.3V
それ以外の走行中のところは 14.7V~14.9Vです
このデーターなら問題ありませんので 納車です!

tag : 電圧降下

プロフィール

YSD yoshi

YSD yoshi
車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR