2ストロークジェットスキーのフューエルインジェクション・・・

処分とは言え 久しぶりにジェットスキーのエンジン周りをいじりましたので
なんだか懐かしくなりまして 少し、書いてみようと思います

当時の様子は このブログでも書いていますし、
こちらにのホームページにも書いています
http://jetski2004jp.at-ninja.jp/index.html

ジェットスキーは陸の乗り物と違い アクセルの全開率はとても多いです
なんたって スピード制限はありませんからね~(一部、規制領域はあります)
だから、パワー重視となります 少しでも多くの空気を吸いたい
こんなことから 当時、キャブレターは50Ф×2が最大口径だったと思います
ベンチュリー壁面に多くの燃料が出る穴を設けた シャワーキャブもありましたね

インジェクション仕様の製作では キャブレターより大きな口径で製作する
これを 第一の目標にして60Ф×2で製作することにしました
使用したスロットルは 日産シルビア SR20用のスロットルです
具体的には S13ターボ用とS14NA用で 余計なものは切り落としてします
1549531826.jpg


インジェクターの噴射方向は リードバルブに向けて噴射する位置にしました
ニスモのSR用550cc/minを1気筒に1本、合計2本使用して
開弁率は80%くらいだったと思います
1549531825.jpg


この頃のインジェクターは4ホールで今時の多ホールインジェクターより
霧化特性が悪いですね 今なら他のインジェクターを使うかも・・・ですね
しかし、大容量になると霧化特性は悪くなりますので 
BANDIT1200に採用したように 1気筒に2本使うとかになるのかな?
2ストロークエンジンですから 混合気はクランクケース内でかき回されて
1次圧縮されますので 手間をかけた割には効果は期待できないかも? 

1549531827.jpg


インマニは 市販品の50Фキャブ用をギリギリまで広げて 
大きくしましたが52Ф位までが限界だたっと思います

このように 当時はいろいろ考えて作りましたよ
スロットルは さびもなく正常に動きます 

そういえばカワサキも作りましたね~
社外シリンダーで製作した 2ST、2気筒、1000ccです
これも 同じ仕様で製作しました 

このころはジェットスキー用CDI点火装置も作っていましたね
今は廃番にしていますが 8CHデジタルCDIです 
8種類の点火時期カーブを搭載してユーザーさんが切り替えて使用する
V-UP16は このCDI用に製作したのが始まりです 

今となっては 懐かしい思い出ですね!
このスロットルは オブジェにでもするかな?
欲しい人もいないと思いますので・・・
プロフィール

YSD yoshi

YSD yoshi
車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR