R33 GT-RにV-UP16とMSAの取り付け

今回は V-UP16とMSAの取り付けです
車両は R33_GT-Rで V-UP16は1個で対応できますが
MSAは4気筒までしか対応できません そこでMSAを2個使用します

国産車用MSAは 4気筒まで対応できますので 3気筒を2個
このような設定で 6気筒のRB26で作動させます
ただ、2個使用します、金額が高くなりますので 具体的な案内はしておりません

まずは V-UP16の取り付けです 
これはエンジンルームへ取り付けます

IMG_20231119_143831216640.jpg

RB26はイグニッションコイルハーネスとして 別に配線が有ります
コイルへの給電線が有りますので ここ1か所の加工で結線が可能です
比較的簡単に施工できますが エンジンの真上のハーネスです
銅線の酸化が心配です 酸化した配線は硬化してすぐ断線します しかも、半田付けは不可能です
今回は 酸化はしていましたが まだ、銅の色でしたので フラックスを塗って
半田付け処理で取り付けが可能でした
古い車は このような心配も有るんですよね・・・~

さて、このころの車両のECUは室内がほとんどで 日産はここが定番でしたね!

IMG_20231119_152906281640.jpg

助手席に足元のECUの点火信号線を加工します
配線の被覆は硬くなっていましたが 銅線は綺麗な銅の色でした
ここも半田付けで 結線していきます 
結線終了後 いつものようにオシロスコープで作動を確認して OKです

IMG_20231119_154254891640.jpg

このころのインジェクターは ほとんどが1ホールです 中には2ホールもありましたが
今時の多ホールインジェクターとは霧化性能が全く違います
RB26はノーマルが440cc/mと噴射量も大きく 空気とのミキシングも今の車より悪いと思われます
その為効果は十分期待できますし 実際、試運転で低速時のトルクがましたとのインプレを頂きました
おそらく燃費も良い方向に行くと思いますが これはドライバーの乗り方の影響が大きいので・・・

ツイントップは 11月30日で閉店しますが
V-UP16やMSAは 新しい店舗で継続して開発販売を行っていきます
今後ともよろしく願いします

今回は ご購入ありがとうございました

tag : MSAマルチスパークアンプVUP16

プロフィール

YSD yoshi

YSD yoshi
車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR