セローの燃調

私のセローは 純正コンピューターから 当社のEMS(フルコン)に変更して自由にセッティングできます
こんなことするくらいですから 私の好みに合わせます

ノーマルのセローの燃費は分かりませんが・・・
先日、140kmほど走って 34km/Lと私の思っていたより燃費が良かったです
http://twintop1.blog.fc2.com/blog-date-20200306.html

長距離を乗るわけでもありませんから 私の中では30km/L位であれば十分です
これぐらいの燃費で 気持ちよく走るように! これを目標としています
どうしても燃費を伸ばすのなら マップを走行中に切り替えるだけですし・・・
そんなことで、もう少し燃費を犠牲にしてでも レスポンスやトルクアップを目指します

日曜の朝、マップデーターをいじって 仕事の前に走ってきました
CIMG1062.jpg

最近は、セローにしてもBANDIT1200にしても 机の上でマップデーターを変更して
走っている途中でいじることは無くなりましたね
私のバイクです これまでいろいろいデータ-を変更してきましたので
どれぐらい数値を変更すれば どれぐらい変わるのか おおよそ分かっています
CIMG1061.jpg

今回は 全開ではなくパーシャル領域から アクセルを開けて加速する場合
この時の燃調を計算で5%位、濃くしました
この部分って 250ccのセローはBANDIT1200に比べれば アクセル開度も大きく
一番楽しめる領域でもありますので トルク重視に合わせます
CIMG1063.jpg
走ってみると トルクは増していますね! ログで確認すると 燃料も濃くなっています
楽しい方向には間違いないですよ
次回はもう少し 濃くしてみようかと思います
こんなことを繰り返して 私の好みに合わせていくのですが 
濃くしすぎればトルクダウンとかで体感できますし 空燃比でも現れます
ここまで変化させると 限界も見えてきますからね~
元に戻すのも PCでファイルを戻すだけですから 手も汚れませんしアッと言う間に・・・ とっても簡単です
このようなテストすると 丁度良い状態が分かってきます

今回、無駄にアクセルを開けたり閉めたりして乗りました
計算では5%ですが 燃費となるともう少し悪いでしょうね(笑)
これも 私にとっては楽しみの一つでもあります
スポンサーサイト



プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR