MSAの仕様変更に伴うテストも終盤ですよ

4chのMSAの仕様変更を行っています
性能は以前のものと変更は有りませんが 内部部品の廃盤や入手性が悪いものがありました
そのため ほとんど作り直しています

少し前にも同じようなテストしていますよ
http://twintop1.blog.fc2.com/blog-date-20200321.html
このように繰り返しテストして 作動確認をしながら定数を変えたりしていきます 

机の上でのシミュレーションや PC上で回路シミュレーターを使うこともあります
CIMG1245.jpg

4chのMSAですから一回り大きいです
昨日、ゼファー1100の記事を書きましたが 同じ大きさです
CIMG1246.jpg

ここまでは異常ありませんので 手軽にテストできる私のバイクでテストして・・・
その後 ターゲットに車両でのテストです!

テストも仕事ですが 内職も重要な仕事です・・・ 今日の内職の成果です
CIMG1240.jpg

デカいMSAは ゼファー1100用で 他のMSAは定番の商品ではなく 特注品に近いMSAです




スポンサーサイト



ゼファー1100用MSAの製作です!

久しぶりの製作ですよ ゼファー1100用MSAです
ゼファー1100は 1,4番と2,3番のペアで同時点火していますが プラグが1気筒に2本です
同時点火でありながらコイルは4個、プラグは8本です
このため 当社のマルチスパークアンプMSAは4chで制御しています

一回り大きなMSAです 写真で比較すると・・・
CIMG1223.jpg
2倍くらいあるのかな~  中身も2倍くらい入っていますからね

机の上で シミュレーションをして バイクに付けても作動確認をしますよ!
CIMG1222.jpg

このゼファー1100用MSAは一ひねりして作りました
元々、コイル2個用のイグナイターを使用して このMSAを通すことでコイル4個用にも使用できます
言ってみれば 、配機としての機能も持たせています




アルファードにMSAとV-UP16の取り付け

業者さんからのご依頼で アルファードにMSAとV-UP16の取り付けです
これぐらいエンジンルームの高さが有ると、腰が悪い私にはちょうど良い高さですね?
乗用車だと マジで腰にきますからね~  今度から、低い車はリフトで上げて作業するかな・・・

トヨタ車ですからね コイルの配線は分かっていますので さっさと作業を開始しますが
作業に集中しておりましたので 作業中の写真は有りません 取り付け完了後のテスト風景です
CIMG1217.jpg

当社で取り付ける場合は 取り付け後にオシロで確認しています
低回転側は5回飛んでいますよ
CIMG1213.jpg

次はV-UP16の電圧です
CIMG1219.jpg
こちらもOKです





VITZ ラジエターから水漏れ

NCP90系のVITZが 水漏れです
スタッドレスから夏タイヤへの交換で入庫したとき 
LLCの匂いがしましたので 調べたら ラジエターアッパータンクから漏れていました
165000km走っていますからね~ 

ラジエターやその他部品を手配して入荷しましたので 交換します
CIMG1197.jpg

キャプ部分はプラスチック製で 元は黒色・・・ 見た目に脆くなっていそうですから交換した方が良さそうです
さほど高くないので 交換することにしました 
CIMG1204.jpg

LLCも交換して 2時間ほどで作業完了です
CIMG1211.jpg

最近は ラジエターを交換するのに バンパーを外さないと交換できないんですね~
バンパーは比較的簡単に外れますが プラスチックの爪は割れそうですし・・・
古くなると クリップがほとんど割れますから・・・
これらも手配しておかないとね~


ガソリン

スタンドにガソリンを入れに行ったら・・・
久しぶりに レギュラーガソリンが130円を切って127円になっていました
CIMG1172.jpg
 
ずいぶん前の話ですが 税金が関係していたと思いますが こんなこともありましたよ
私が書いた 2016年2月1日の記事です
http://twintop1.blog.fc2.com/blog-date-20160201.html
これは安かったですね~ ¥99-でしたから!

CDI点火装置全般へのV-UP16は適合外と変更させていただきます

今までバイクのCDI点火装置へのV-UP16の適合は
バッテリーの電力で火花を飛ばす DC_CDIとかバッテリーCDIと呼ばれているCDI点火装置のみ 
V-UP16の適合としてきましたが 適合外と変更させていただきます
CIMG1176.jpg

DC_CDIとかバッテリーCDI、この呼び方もメーカーによっていろいろとあるようで
ユーザー様が 戸惑う場合もあるようです 
また、ACなのかDCなのかの判断ができない、CDI点火装置の電源が分からない、 
CDI点火装置への結線をフルトラ点火装置(TCI)への取り付けのように 
コイルのプラス側に接続してV-UP16が故障した

結線はフルトラ点火装置(TCI)であれば イグナイター側からでなくコイル側で判断ができます
コイルの配線2本のうち どちらかが電源で、不明な場合はコイルから2本とも配線を抜き 
キーONで 12Vが来ている方が電源で V-UP16の接続側だと分かります

CDIの場合は ACなのかDCなのかを確かめて CDIユニットに接続されている電源を探さなければなりません
配線はTCIのコイルのように2本ではありません このようにTCIより取り付けの難易度が高くなります
配線図をお送りいただき お問い合わせいただいても、こちらでも判断ができない場合も有ります

CDI点火装置の車両となると 比較的古い車両となる場合が多いと思います
CDIユニットの不具合で しかもユニットが廃盤・・・
V-UP16で電圧を上げたら火花が飛びますか?と 修理目的で使用されようとする方もお見えでした

このような事情で AC_CDIやマグネトCDIなどは もとより
CDI点火装置全般へのV-UP16は適合外とさせていただきます

EMS仕様のハイラックスに MSAとV-UP16の取り付け

以前に 当社のEMS(フルコン)を装着した ハイラックスに MSAとV-UP16を取り付けます
同形式のハイラックス2台にEMSを装着して 1台は先にMSAとV-UP16を装着しました
その時の記事は・・・
http://twintop1.blog.fc2.com/blog-date-20200205.html

ずいぶん効果がありましたので もう一台も取り付けることになり 大阪からお越しいただきました
CIMG1167.jpg

商品が小さくて見えませんね アップで!
CIMG1166.jpg
MSAを外すことは無いと思いますが ノーマル復帰カプラーも映っています
これと差し替えることで ノーマルの1回点火となります

V-UP16はエンジンルームについていますが写真では見えませんね~
今回、プラグコードをノイズ防止のため NGKパワーケーブルに交換しました
CIMG1168.jpg

簡単なインプレは 今までよりエンジンは滑らかに回るようになったそうです
高回転は5000rpmでもとっても元気です このように喜んでいらっしゃいました!
帰りの高速道路は 楽しいと思いますよ
遠いところからお越しいただき ありがとうございました

趣味のお時間です・・・

今回は、直流安定化電源の修理です
あくまで趣味です 仕事として受けることは有りませんので・・・

興味本位で直してみようと思いました
第一電波工業(株) ダイアモンドアンテナが作っている電源でGSV3000、現行商品のようです
アマチュア無線のアンテナや周辺機器のメーカーですね
CIMG1156.jpg

ずいぶん前に アマチュア無線の免許(今は4アマと言うらしい)を取ったのですが・・・ 今は役に立っていませんね 
この電源の故障をネットで検索すると ブリッジダイオードが良く壊れるらしいとの情報です
調べてみると この電源もブリッジダイオードが短絡状態ですね!
他にも原因が有るかもわかりませんが ヒューズが飛んで電源も入りません
ブリッジダイオード自体は高くはないので 電子部品を注文する時のついでに取り寄せることにしました

入荷しましたので 早速、交換します
直接配線が半田付けしてありました 多少配線は短くなりますが同じように直接半田付けしてと・・・
CIMG1159.jpg

飛んだヒューズを交換して電源ON、直ったみたいですね? 定格30Aとなっています 
さすがに30Aの負荷は簡単には見つかりませんので H4のハロゲンバルブ55/60Wを60Wで点灯して・・・
大丈夫のようですので 並列接続して 115Wの負荷を掛けてみました
CIMG1160.jpg

アナログメーターで9A電流が流れています しばらく放置して様子を見て・・・
通常は5Aくらいの負荷だそうです 探すと、85Wのハロゲンランプが出てきました これを使います
約6Aの負荷で 1時間連続・・・ 大丈夫ですので 修理完了としました

まだ 使えそうですよ!

電源リレーキットの製作です

当社のV-UP16のオプションパーツで 古いバイク用に設定しています
古い車両になると 配線や端子の酸化、接触不良など トラブルまではいかないにせよ
電気の通り道の抵抗が増えたりして 電力の伝達効率が下がります
アースを追加したらヘッドライトが明るくなったとか スターターモーターも回り方が速くなったとか? 
こんなこともありますからね!
電源リレーキットは
元の電源をリレーのトリガーのみに使用して バッテリーのプラスから 
効率よくイグニッションコイルに電力を供給するものです
簡単に自作できますから 自作された方も多いと思いますし 
いろんなメーカーからも 発売されているとお聞きしています

当社の電源リレーキットです
CIMG1162.jpg

V-UIP16のオプションパーツとして設定しています V-UP16もそれなりの大きさになりますので
リレーキットは できるだけ小さく作っています リレーも国産できるだけ小さいものを使用して
リレーはカプラーを使用せずに直接配線を半田付けしています これでずいぶん小さくできます
その代わり すべて手作りで 見た目も決して綺麗とはいいがたいです
しかし、機能は十分果たします! 
製作途中の写真です
CIMG1151.jpg

今回は お願いとでも言いますか 注意事項とでも言いますか・・・
当社の電源リレーキットは V-UP16を通して イグニッションコイルを駆動できる電力で設定しています
キットに使用しているヒューズは 発売初期は10A、現在は15Aを標準で入れています
これ以上大きなヒューズを入れて使用することはできません 電圧は12Vです 24Vでは使用できません
あくまで V-UP16のオプションパーツですので 他の目的に使用しないでください

どうしても使用される場合は ヒューズ容量の半分以下の電流値で使用してください
ヒューズは万が一のために入れているだけで 容量いっぱいまで使用できるものではありません
よろしくお願いします

4ch_MSAのテスト

MSAの仕様変更に伴うテストです
先日、机の上でシミュレーションは行いましたので 今度は実車で行います
4chのMSAですので 本来、4chの車両で行うのが一番良いのですが・・・
このMSAは コイルにイグナイターが入っていない車両用ですので
私のシエンタなどの国産車に多く見られる4気筒ではテストできないんですよね~

こんな時は 私のBANDIT1200の出番です とっても良い天気です
CIMG1101.jpg

シートの下に放り込んで 走ります!
CIMG1100.jpg

BANDIT1200の点火システムは4chではありません 2chですからチェンネルを変更しながらテストします
この部分に関しては面倒ですが 回転数は10000rpmくらいは楽勝ですから!
CIMG1096.jpg

今回の仕様変更は ほとんど新たに制作するようなものですから念入りに行います
今朝も 2時間くらい、仕事の前にBANDIT1200で走ってテストしてきました
CIMG1147.jpg

その後、ターゲットの車両でテストします

プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR