FC2ブログ

暇ですから・・・

今日は雨が降っていますので 予定がキャンセルされました
そんなことで とっても暇になりました・・・
内職とも 思いましたが気分が乗りませんので 止めにして・・・

セローをゴソゴソすることにしました!
購入して9か月です EMSを装着してセッティングは いろいろ試したりしていますが
その他のメンテナンスはと言うと・・・ 
2017年式、走行距離7000km位ですから エンジンオイルの交換くらいでしょうか?
CIMG0954.jpg
いつもの定位置に入れて・・・
まずは、クラッチワイヤーですね さすがに油切れでギーギーやギシギシとは言いませんが
ワイヤーへの給油とレバー周りのグリスアップです
ブレーキオイルも交換しておきましょう 負圧を利用したブレーキオイル交換用の吸い取り器で
短時間で交換は完了できます 今回使用するブレーキオイルは 規格が違うため
ピストンやマスターシリンダーを動かして3回位、入れては抜いてを繰り返しまして
最後は負圧に頼らず レバーを握って2~3回抜いて終了です
負圧での吸出しでも 問題なく オイル中のエアーは抜けると思いますが
レバーを握ったり、足で踏んだ感触と オイルがブリーダーから抜ける時の感触
これを確認したいですから 最後はセオリー通りの抜き方を行います

ついでに チェーンの清掃と給油や ちょっとしたお掃除をして終了です
今日は 仕事らしい仕事はしていませんね~
こんな時もありますよ!



スポンサーサイト



昨日の定休日はセローで・・・

昨日、セローで140kmほど走ってきました 
1日でこんなに走ったのは 多分、セローを購入して初めてだと思います(笑)

風は強く、少し寒かったけど 天気は良かったですよ 
今回は 関市、道の駅平成から七宗、美濃加茂市経由で一回りしてきました
CIMG0913.jpg

この時期は 花粉がすごいですね~ ヘルメットのシールドを拭くと黄色いです・・・
CIMG0920.jpg
セローの後ろの杉の木、花粉がびっしりついていますよ
花粉症の人は つらいでしょうね~

CIMG0918.jpg

走行距離は・・・ 139.1kmで 私にとっては十分な距離です(笑)
久しぶりですよ こんなに走ったのは・・・ お尻が痛くなりました
最近は BANDIT1200でも走っていませんね~

CIMG0921.jpg

一寸、燃費も気になっていまして・・・ 今まで走っても40~50kmほどでした
ほとんどが5~6km走ってはいじってと 実際の燃費はわかりませんでした  
CIMG0923.jpg
そんなことで 満タンで出発して 給油して帰社です 給油量は4.06Lで 34.2km/Lでした 
燃費を気にして走ったわけでもありません 気持ちよく走りました

今回は この燃費がどれぐらいかも知りたかったんです
燃費重視にセッティングするなら 加速も減速もしない領域は 理論空燃比14.7:1にすべきです
ただし、この状態(領域)からアクセルを全開までも行かないにせよ 
ある程度アクセルを開けて加速すると 加速初期にトルクが出ないんですよね・・・
この加速領域って バイクにとってとっても重要な要素ですから セッティングで一番気を遣うところです
理論空燃比より 少し濃くセッティングする方が 絶対に楽しいセッティングになります
この少し濃い状態での燃費が知りたかったんです!
燃費を追及しているわけではありませんが 気持ちよく走るセッティングで あまりにも燃費が悪ければ 
セッティングを見直すとか? 妥協点を見出すとか? こんなことになってきますが・・・ 

この燃費なら私は十分です もう少し燃料を入れて気持ち良く加速する方向へ振っても良さそうです
今回、方向性が分かりましたので もう少し楽しい方向へ進化させますよ!

せっかくEMS仕様(フルコン)にしたのだから 自分の好みにセッティングにしますよ!

セローの点火仕様・・・

私のセロー・・・ いろんなことをゴソゴソやりすぎですね!
これはこれで楽しいから 良いのですが・・・
そろそろ仕様を決めないと と思いして まずは、点火の仕様を決めます

そこで今日は天気も良く暖かいので 仕事を一時中断して セローで遊びます!
毎日、こんなことできたら とっても楽しいんですが・・・(笑) 
CIMG0899.jpg

点火の仕様
イグニッションコイルは ひとまずノーマルコイルを使用します 
確実なことは調査が必要ですが ウオタニ製コイルの場合 ノイズが多く誤作動しているようです
プラグコードやMSA仕様のイグナイターの位置、配線を通した場所など 見直しが必要のようで
これは後回しにします ノーマルコイルなら 問題は有りませんので・・・
CIMG0894.jpg

EMSでは イグナイターが必要ですので MSA仕様のイグナイターで対応しています
MSAの点火回数は 単気筒、2気筒は製品仕様では全域3回としています
セローは250ccですので アクセル開度も大きめ、回転数も高めで
タコメーターやロガー上でも4000rpmくらいは常用で回っています
私のセローの場合は 製作者の特権で いろんな組み合わせを試しまして・・・
3800rpmを境に 低回転側で5回 高回転側で3回としました
CIMG0896.jpg

この点火回数が 私にとって一番自然な感じと思われます
CIMG0897.jpg

スパークプラグは NGKイリジューム、ブリスクLGSやZCからチョイスしますが ブリスクLGSに決めます
まず、MSAの点火回数とは関係ないと思います 
250ccですからアクセル開度も多めで回転数も高めです 
私の場合、BANDIT1200でも同じ印象ですが アクセルを開け開けで走る場合は LGSが好みなんです
写真には LGSが写っていませんが セローについているからですよ
CIMG0901.jpg

当分、セローの点火装置の仕様は この仕様で行こうと思います

セローにタコメーター・・・

セローにタコメーターを付けました
私のセローはEMS仕様ですから データーロガーを見れば
回転数やほかの情報はすべてわかります
もしくは PCの画面は各種メーターとして機能していますし
アンドロイドスマホであれば 同じくメーターとして使えますが
乗車中に見ようと思うと・・・ 面倒です

走行中に回転数を知りたい時があります
社外のタコメーターもいろいろ出ています
本来なら アナログな針式のタコメーターが欲しいのですが・・・
アナログ針式なら見るです、デジタル式は読むです
この違いは大きいと思います
しかし、わざわざ購入するのもね~ 
試しに使うだけですし・・・ 付ける場所にも困ります

そういえば こんなものがありました!
ジェットスキーで使っていた タコメーターです
電池式で プラグコードに巻き付けるだけ
マルチスパークしていますが 問題なく表示しています
当然 ジェットスキーに使えますので 防水仕様です
数字を読まなければなりませんが 大丈夫でしょう?
1579420856.jpg


いろんな機能もあります その一つで ピークホールド機能です
1579420855.jpg


ひとまずこれで行くことにしましょう!
いずれ外しますので・・・

セローのオイル交換です

ブログの記事にするほどのこともでもありませんが
私の覚えと言うことで 書くことにしました・・・

走行距離6300kmで オイルとエレメントを交換しましす
1576313247.jpg


暖気して オイルの温度を上げて・・・
ドレンボルトとエレメントを取り外して しばらく放置です
1576313245.jpg


抜けたら組付けて オイルを入れて終了です

交換したオイルは いつものファクトリーマメシバ、FM-R1.5 12.5W45
BANDIT1200と共用していますので この粘度としています
セローでこの時期なら FM-R1 10W-40がベストだと思います
1576313244.jpg


次はスタッドレスタイヤです 時期ですからね~
と言っても 私の通勤車、シエンタ用のスタッドレスです
雪が降っても出勤は 10:00ですからね~
ほとんど必要ありませんが 最近、女房と出かけることが多いし
「コツン」と 当たるとスタッドレス代より高くつきますので・・・
しかも、175/70-14とお値打ちなサイズです(笑)
1576313246.jpg

純正の鉄ホイールがありますので それに組付けます
リフトが空いたら 装着します
プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR