FC2ブログ

NEWジムニーのヘッドライトをLEDにします

NEWジムニーのヘッドライトをLEDに交換します ついでに スモールライトのT10も・・・

簡単だと思っていましたが ヘッドライトのH4よりも T10の方が面倒でした
ヘッドライトの下側ですから 手が入りません 指で触れますが力が入らず回りません・・・
CIMG0776.jpg

結局、グリルを外して ヘッドライトも外すことにしました
これでT10も回せます、新品だから固いのかな? これでは指では回りません・・・
外せば 簡単ですし H4のLEDも作業は確実ですから・・・
CIMG0778.jpg

今回、使用したLEDコンバージョンキットはいつもの日本ライティング製です
CIMG0774.jpg

その他、雪は降らないとの予想で 夏タイヤへの交換や 配線の手なおしやら・・・
フォグランプも少し前に 2色LEDに交換しました 黄色と白色です
簡単な操作で色が変わります これも面白いですね! 
お客さんの要望で これも少し裏技を行って作業終了です
スポンサーサイト



R32GT-Rは 全塗装に出ていきました!

サーバーの障害でダウンしていた 忍者ブログの管理ページが復旧したようで
記事が書けるようになりました 10日ぶりぐらいかな・・・
今回の件で、ブログの引っ越しも考えています

昨年の12月にエンジンを下ろしたBNR32・・・
エンジン回りの補器類やゴム関連部品 シャーシー周りのゴム部品など
劣化が激しい部品は交換しました
この間、オーナーさんが自ら 下回りにさび止めの塗布や
塗料を刷毛塗するなどの処理を行いました
そして 年が明けてからエンジンの搭載や新たに購入した部品の取り付けを行いました
1572830774.jpg

エンジンのカムカバーやタイミングベルトカバー、
サージタンクもオーナーさんによる仕上げです
エアークリーナーのエレメントはカチカチでしたので
ハイピングと共に交換したいとの要望でした
写真のように 新品で組付けです!
1572830774.jpg
下回りです フロントパイプはお客さんの希望でどうしても等長タイプが良いのことです
デメリットは最低地上高が下がるからと説明しましたが 等長を優先しました


この通り、少しばかり心配ですね~
等長タイプはどうしても このような取り回しになります 
最低地上高を上げようとするとパイプがミッションに接近し
ただでさえミッションオイルの温度が上がりすぎ困っているのに
さらに上がります
お客さんにはこの状態を見せて・・・ 
気お付けて乗ってくださいとお願いしておきました
さて、外観が年式相応に傷んでおりますので 
これから板金屋さんで 傷んだ外板の交換や板金などを行い
全塗装していただきますので 完成には まだまだ時間が必要です 
さぞかし 待ち遠しと思います

今日のRB26・・・

昨年、車両から下ろしたRB26です 
ゴム関連部品が入庫していますので 当社の店長が、ボチボチ組み上げています
1578898847.jpg


オーナーさんが 綺麗にしたいということで・・・
タイミングベルトカバーや タペットカバー、サージタンクなどを
年末に持ち帰り ご自身で塗装していました 
せっかく下ろしていますからね~ ハゲハゲよりはきれいな方が良いですね!

ついでに オーナー自らペンキ屋に変身して・・・
1578898846.jpg


下回りにペンキを塗っています
下にブルーシートを敷いて 刷毛塗です!
考えてみれば刷毛塗の方が厚く塗れるし・・・
スプレーのように周りに飛ばないし、養生もほどほどで大丈夫ですからね

そんなことで エンジンルームはまだ空っぽで 屋根が見えます・・・
1578898845.jpg

いつ完成するんでしょうかね~

RB26のその後・・・

RB26のゴム部品・・・
こちらは店長の仕事ですよ~

エンジン回りの 水のホースとか エアー関連のホースは
まだ新品在庫が有った見たいですね~
こんなに一杯 日産純正部品が入荷しました・・・
1576573665.jpg


部品が有るうちに交換できるところは交換しておきましょう!
なんたって 立派な旧車ですからね~

エンジンは こんな状態です
1576573667.jpg

横は・・・
1576573666.jpg

サージタンクは黒がハゲハゲです
お客さんが ペンキを塗ってくるそうで 持っていきました・・・
その間に ゴム関連を変えるそうです まだ、先ですね~ 

この時期のパーツ洗浄は、手が凍ります・・・

車もバイクも機械も 修理や整備の基本中の基本は パーツ洗浄です!

分解したパーツ、1点1点 そのパーツが使用可能か 交換が必要なのか
これらの判断には 目視点検やパーツの計測が必要になります
当然、汚れていては 目視点検もできませんし 計測もできません
そのために 分解したパーツはすべて洗浄することになります
これが基本中の基本です
1576298193.jpg

これを怠り、消耗や破損を見落とすと・・・
2度手間だったり 後で後悔することになります

ついでに 外注に出す場合も 基本は洗浄後に出しますよ
戻ってきたら 洗浄後、指示道理に作業されているか計測も行います
今まで こんなことは有りませんが・・・
仮に外注先がミスをして当社が気が付かなければ 
最終的には 当社のミスですから!

パーツ洗浄は当社の場合 洗浄台で行います
灯油を電動ポンプで循環させて 流し台のように洗います
流れているものが 水ではなく灯油です
この時期は 大変つらい作業です
手の油分も一緒に流れていきます
洗浄後 パーツクリーナーで灯油分を洗い落とします
手の熱を気化熱として奪われて 手の動きが重くなります
冷たいを通り越して 痛くなりますので 時間との勝負です
なんたって 手を洗う時、水道水が暖かく感じますので・・・

今回、洗浄したものは BNR32のパーツです
オイルクーラー関連のパーツと
1576297934.jpg


フロントドライブシャフト関連のパーツです
1576297935.jpg


洗浄して綺麗になったところで 目視点検や 計測して良否を判断
その後 部品を手配して組付けです

大きな工場は 洗浄も自動で行うんでしょうね~
当社は 手洗いで頑張りますよ!
プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR