FC2ブログ

VITZ ラジエターから水漏れ

NCP90系のVITZが 水漏れです
スタッドレスから夏タイヤへの交換で入庫したとき 
LLCの匂いがしましたので 調べたら ラジエターアッパータンクから漏れていました
165000km走っていますからね~ 

ラジエターやその他部品を手配して入荷しましたので 交換します
CIMG1197.jpg

キャプ部分はプラスチック製で 元は黒色・・・ 見た目に脆くなっていそうですから交換した方が良さそうです
さほど高くないので 交換することにしました 
CIMG1204.jpg

LLCも交換して 2時間ほどで作業完了です
CIMG1211.jpg

最近は ラジエターを交換するのに バンパーを外さないと交換できないんですね~
バンパーは比較的簡単に外れますが プラスチックの爪は割れそうですし・・・
古くなると クリップがほとんど割れますから・・・
これらも手配しておかないとね~


スポンサーサイト



ブレーキローター、パッド交換です

先日、紹介させていただきました 大口径ローターを交換するGT-Rが入庫しました
このローターにも新品の時はスリットが入っていたんですよ!
現状ではスリットが見えないほど減っています
CIMG1018.jpg

外したローターで確認すると分かりやすいですね~
写真では見にくいですが 相当の段差が付いています
CIMG1024.jpg

分解後はベルハウジングを洗浄して 破損個所が無いかとか 異常摩耗は無いかを確認します
このベルハウジングとローターはフローティング方式となっていますので センターリングは自動です
フローティングの金具や ベルも再使用は可能でしたので 組付けます
CIMG1019.jpg

ブレーキパッドも組付けてと・・・
このパッドは 裏板を含めて厚さは18mmもありますよ!
パッドがデカいので あまり厚さを感じませんが 厚い分長持ちするのかな?
CIMG1022.jpg

いずれにせよ ストリートでは このブレーキシステムはオーバークオリティーですから しっかり止まるでしょう!
試運転をして 初期の当たりを出してきました
これだけデカいブレーキでも 初期タッチは緩やかで 踏んだら踏んだだけ効くブレーキです
ブレーキのコントロール性は良いですよ ブレーキはこうでなければね~
今時の車(私のシエンタを含めて)軽く踏むだけでガツンと効くブレーキは 大嫌いです
止まるためだけでなく 曲がるための加重移動にも使いますので・・・




久しぶりに 本業らしい仕事ですよ!

BCNR33 GT-Rのフロントブレーキパッドとローター交換の依頼です 
33GT-Rはのブレーキは純正でブレンボで 4POTキャリパーでローター外径は324mm?だったかな

この車両は ブレーキキャリパーがAP製 CP5555の6POTで ローター外径は 355mmです
元々、鈴鹿サーキットの走行会に使用していた車ですので こんなにデカいブレーキに交換しています
現在は サーキット走行はしていませんので 交換するパッドはローターへの衝撃が少ないものにして
ローターもスリットが見えなくなるほど減っていますので 交換することにしました 
商品が入荷してきましたので 検品がてら見てみました

2ピース構造ですから ベルハウジングは再使用して ローターのみの交換です
CIMG0953.jpg

さすがにデカいですよ!
CIMG0952.jpg

パッドもデカいですね~
CIMG0957.jpg

お客さんに入荷連絡をして 後日、交換します!







夏タイヤに交換です・・・

今日から3月ですよ~ 
今年の冬はおしまいです 雪は全く降りませんでした・・・

もう、雪が降ることはないでしょうから 私の通勤車、シエンタのタイヤ交換です
こんなことなら 冬タイヤを買うんじゃなかった・・・ と思う人も多いと思います(笑)

ついでにオイル交換をしようと 距離を見ると・・・
交換後、3000kmだって まだ先でも大丈夫ですね!
CIMG0893.jpg

さて、月初めの いつもの事務仕事を済ませましょう・・・

インプレッサのパワステポンプ交換

パワステポンプが ミャーミャーと鳴いているインプレッサが入庫しました!

パワステポンプをリビルト品に交換します・・・
ほとんど当社には入庫が無い車両です ポンプは見えていますが外し方は?
とりあえずバラシマスが ポンプのみ外れると思ったら ブラケット事外すのね・・・
CIMG0808.jpg

ブラケット事外すには オルタネーターも外さねば・・・ オルタネーターとポンプを外した後です
CIMG0810.jpg

走行距離は約120000km、ここでポンプが故障と言うことは・・・ 
リザーバータンクや タンクからポンプ間のホースも念のために確認します
タンク内は ヘドロが少し・・・ 外して洗浄することにしました ホースもついでに洗います
CIMG0811.jpg

後は元通り組付けて PSオイルを入れてエアー抜きを行います 静かになりましたよ!
試運転して異常なし、修理完了です!





プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR