スズキ SV1000SのMSAとV-UP16の取り付け

今回は 長野県松本市からお越しいただきました
スズキ SV1000Sに MSAとV-UP16を取り付けます

先日、インジェクション仕様のMSAを作っていたのは この車両のに使用するためです
CIMG3050.jpg

整備書をお持ちいただき 調べてみると・・・ 
現在販売中のMSAを取り付けると イグニッションコイル断線で エラーが出て燃料の噴射が止まるようです
このような場合は インジェクション仕様のMSAで対応します
MSAとV-UP16はともに試作品バージョンのケースで製作し 本体は リヤーカウルの中に入れる予定です
CIMG3047.jpg

今回は 特注扱いのMSAでしたので 作動確認が必要なため店頭までお越しいただきました
せっかくお越しいただきましたので 簡単なテストと言いますか・・・
どちらが好みか 選んでいただくことにしました
当社のMSAの設定は 2気筒の場合 全域3回点火としています  
並列4気筒のように 低回転5回、6000rpmを境に 高回転3回このようなプログラムも可能です
実際には 低回転5回、4000rpmを境に高回転3回として試運転していただきました
バイクの性格や オーナーさんの求めることによってどちらが好みか? これは別れます
簡単なインプレは
全域3回の方は ノーマルに比べて一言で トルクアップしているとのことです
アクセルを開けると フロントの持ち上がり具合が違うそうです
低回転側5回は 遅いわけでは無く 振動が少なくトルク変動が滑らかとのことで アクセルが開けやすい!
オーナーさんもどちらにするか 悩まれていました・・・
今回は 5回 4000rpmを境に 3回に決められました

MSAの仕様が決まりましたので 一時的に取り外して内部をシリコンで埋めて
硬化後、発送で納品させていただきます

ところで 私の鎖骨の修復状況ですが
左ひじを体から離さなければ 結線のような軽い作業は可能です
バイクのような幅の狭い車両であれば  手を伸ばさなくても作業できますが
車のように 手を伸ばさなければエンジン付近まで届かない作業は まだまだ不可能です 
ご迷惑おかけしておりますが しばらくお待ち願います

インジェクション用MSAの製作です

国産インジェクション仕様のバイクに装着するMSAの注文が入りました

現在、インジェクション仕様のバイクへのMSAは 個別に対応しております
発売中のMSAを装着すると 純正ECUがイグニッションコイルが断線したと判断して
エラーを出してエンジンが始動できなくなります
これを回避するためのMSAの開発は完了しておりますが 作動確認が進んみません
そのため 個別に対応して商品も受注生産としております

先日から製作して 完成検査をシミュレーターで行っています
CIMG3033.jpg

今回は2ch仕様のMSAですので BANDIT1200でも作動確認を行います
実車にセットしますが 脇を締めて左ひじを体から離さないように作業しています、何かと不便です
油断して ひじを体から離すと 鎖骨の折れたところがチクッと痛みます
CIMG3035.jpg
今日は天気も良いし ポカポカですよ 
いつもなら このままBANDIT1200で試運転もしますが・・・
今は無理ですね~

国産インジェクション仕様のバイク用MSAは 基本的に当社店頭での作動確認が必要となります
作動確認後に 内部を防振、防水のためにシリコンを充填しますので 当日、お渡しすることができません
MSAをいったん外して シリコン充填、硬化後に 発送での納品となります

場合によっては 作動確認をしなくても販売可能な場合も有ります
興味がおありの方は お問い合わせください

フルコン用MSA仕様のイグナイターの製作です

当社のEMSフルコンは イグニッションコイルを駆動するためにイグナイターが必要になります
他のメーカーのフルコンもイグナイターが必要な場合も多いと思います
当社では マルチスパークアンプを加工してMSA仕様のイグナイターとして特注扱いで製作しています

今回は 当社のEMS用に製作していますが 他社のフルコンでも動くと思います
イグニッションコイルは2個を駆動しますので シミュレーターは私のBANDIT1200です
BANDIT1200は EMSで動いていますので同じ条件ですからね 確実ですよ!
CIMG2911.jpg

オシロスコープで作動を確認、OKです
CIMG2912.jpg

テストした日は 雨模様でしたので 雨が止んだすきに試運転に出かけます
CIMG2914.jpg

何故、試運転までおこなうかと言うと・・・
今まで このようなことは有りませんでしたが 何らかの理由(不具合など)で失火した場合 
机の上やアイドリングでは 分かりにくい 見逃す場合も中には有ると思います
実際に走っていれば 失火などは必ず分かります
販売台数が少ない特注扱いのMSAや 検査などで送られてくるMSAは 
念のため、試運転をするようにしています 

ヤマハ インジェクション車用MSAの製作です

インジェクション仕様のバイクにMSAを装着する場合、現在発売中のMSAを装着すると・・・ 
純正ECUが コイルが接続されていないというエラーを出しエンジンが始動しません
(インジェクション仕様の車両でもエラーを出さない車両もあります) 
この対策品のMSAは完成していますが 作動確認をした車種が少なく
当社としては特注扱いで 個別の対応としています

今回、ヤマハXJR1300のインジェクション車用の注文が入りましたので製作しました
製作後の作動確認は もちろん私のBANDIT1200で行います
CIMG2351.jpg

正常に動いていますよ!
6000rpmを境に 低回転側は5回 高回転側は3回点火しています
ここまでセットしたら 走りますよ!
CIMG2354.jpg

10000rpmまではテストしました・・・
CIMG2353.jpg

しかし暑いです・・・
ところで、当社は8月12日~16日まで夏季休暇となります
今週、作業が一気に入りまして 夏季休暇までの間は
作業が受けることができない状態となりました

今朝の散歩はセローで・・・

今朝は 先日製作した セローに使用する 
俺、専用MSA仕様のイグナイターで散歩をしてきました

現在の俺、専用イグナイターの仕様は 
ノーマルの1回点火と 低回転5回 3000rpmを境に高回転は3回として
カプラーを差し替えれば 変更できます 

セローの場合 3000rpm以下で走ることはほとんどありませんので 走行中は3回点火ですね
差し替えのために サイドカバーは 外した状態で試運転に出かけます
CIMG1571.jpg

作動は正常です 問題は有りません
単気筒なら 何か点火系に不具合があれば すぐ分かりますからね!
CIMG1573.jpg

これで テスト環境が一つ増えました 今後の役に立つと思います

プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR