FC2ブログ

趣味のお時間です・・・

今回は、直流安定化電源の修理です
あくまで趣味です 仕事として受けることは有りませんので・・・

興味本位で直してみようと思いました
第一電波工業(株) ダイアモンドアンテナが作っている電源でGSV3000、現行商品のようです
アマチュア無線のアンテナや周辺機器のメーカーですね
CIMG1156.jpg

ずいぶん前に アマチュア無線の免許(今は4アマと言うらしい)を取ったのですが・・・ 今は役に立っていませんね 
この電源の故障をネットで検索すると ブリッジダイオードが良く壊れるらしいとの情報です
調べてみると この電源もブリッジダイオードが短絡状態ですね!
他にも原因が有るかもわかりませんが ヒューズが飛んで電源も入りません
ブリッジダイオード自体は高くはないので 電子部品を注文する時のついでに取り寄せることにしました

入荷しましたので 早速、交換します
直接配線が半田付けしてありました 多少配線は短くなりますが同じように直接半田付けしてと・・・
CIMG1159.jpg

飛んだヒューズを交換して電源ON、直ったみたいですね? 定格30Aとなっています 
さすがに30Aの負荷は簡単には見つかりませんので H4のハロゲンバルブ55/60Wを60Wで点灯して・・・
大丈夫のようですので 並列接続して 115Wの負荷を掛けてみました
CIMG1160.jpg

アナログメーターで9A電流が流れています しばらく放置して様子を見て・・・
通常は5Aくらいの負荷だそうです 探すと、85Wのハロゲンランプが出てきました これを使います
約6Aの負荷で 1時間連続・・・ 大丈夫ですので 修理完了としました

まだ 使えそうですよ!
スポンサーサイト



デッカイEDLCの製作ですよ!

お待たせしております デッカイEDLCを製作しております
今回は すべてバックオーダーとなっておりますので 行先は決まっております

昨日はこれだけ・・・
CIMG0980.jpg

本日分は これだけです
CIMG1027.jpg

他の商品と合わせて納品させていただきます
CIMG1065.jpg

ありがとうございます!





デッカイEDLCの製作

予定より早く BIG_EDLCに使用するケースが入荷しました
バックオーダー分ですので 早速、製作することにします

今日はケース加工のみで終了しました・・・
CIMG0976.jpg

今回は20個製作しますが すべてバックオーダーで行先は決まっています
頑張って製作しても 1日5個が限界なんですよね~

CIMG0974.jpg
早急に制作し 出来たものから順次納品させていただきます
ご注文いただいた方 しばらくお待ちください!
#EDLC #BIG・EDLC

スターターモーターのオーバーホール

RB26のスターターモーターです
走行距離は さほど多くは無いのですが なんせ条件が悪い・・・
簡単には油切れで キーキー異音がします!

RB26、スカイラインGT-Rのエンジンです 
R32、R33、R34と搭載されています
ノーマルエンジンのブーストアップで 400馬力は越えます
このパワーはノーマルクラッチではすぐに滑ってしまいます
そこでクラッチディスクの枚数を 
1枚から2枚、3枚と増やして 大きなトルクに対応させます
ディスク材質も メタル製のものを使いますが
このメタルの減った粉が クラッチハウジング内に顔を出している
スターターモーターに降り注ぎます
グリスの油分をこの粉に吸い取られて 枯れ枯れになってしまいます

そんなことで スターターモーターをバラシマス・・・
ブラシ、整流子は減っていませんが 一応、磨いておきます
1579508624.jpg


分解すると メタルディスクの粉で油分は有りません・・・
綺麗に洗浄して 検査します
遊星ギヤー方式の減速機付きのモーターです
1579508623.jpg

軸受けやシャフトの摩耗は有りません ブラシも十分残っています
異音の原因は 油切れです!
グリスアップしながら組付けて 完成です

1579508629.jpg


完成後、モーターを回して確認します
勢いよく回って異音もありません!

イグニッションコイルの性格・・・その2

コイルの性格は おおよそ分かりましたので 
今回は、実際にどのように役立てるかです

1578469216.jpg

ノーマルや社外品の点火装置は 当社が製作したシミュレーターのように
通電時間を変更する機能は有りません
インジェクション車の純正コンピューターは
プログラムを書き換えて チューニングすると思いますが
書き換え時に 通電時間を変更しているのかな?
コイルが純正なら変更の必要もありませんが・・・

ほとんどの場合 このように通電時間を自由に設定できませんので
役に立てようとすると・・・ 
メーカーが設定した通電時間に合うようなコイルを選ぶ
このようにすれば コイルや点火装置の特性を生かすことができます

通電時間を長く必要とするイグニッションコイルを 
短い通電時間の点火装置で駆動すると 火花は弱くなります
その逆は 必要以上の電流が流れて
コイル温度が高くなりすぎて 寿命が短くなったりします

一言でいえば 
点火装置と イグニッションコイルのマッチングが適正に行えます
他車のコイルを流用するときなどに役立つと思います
1578468866.jpg


通電時間が変更できるものは フルコンくらいでしょうね
サブコンは 通電時間を変更できるものは有るのかな?
おそらく無いと思います
通電時間が設定可能な点火システムであれば 
比較的自由にコイルを選ぶことができます

また、こんな制約も出てきます
例えば、
バイクの並列4気筒で 1,4番と2,3番の同時点火 コイルは2個です
私のBANDIT1200など 多く採用された点火システムです
12000rpm回ると仮定します
この時、1秒間に200回転 1回転当たりの時間は 5/1000秒 5msです
この点火システムは クランク1回転で1回点火しますから 
この5msで すべてを完了しなければなりません
火花が飛んでいる時間は 1.0~2.0msです 1.5msとしましょう
そうすると 3.5msしか通電する余裕はありません
ここでは 5ms通電が必要なコイルは使用できません

ダイレクトイグニッションシステムであれば
クランク2回転で 1回点火ですから
同じ条件でも 2倍の時間で10msになり余裕もできます

自分が使用するエンジンはどのような仕様なのか?
トルク重視のエンジン、それとも回転数を上げてパワーを稼ぐエンジン?
最高回転数は どれぐらい?
こんなことを考えながら 使用するコイルを選び、適切にコイルを駆動する
これが一番、理想だと思います!
プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
本業は車のチューニングです 最近は車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ 水上バイク・スキーへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR