欧州車用ヘッドライトリレーの製作 

欧州車に使用するマイコン仕様のヘッドライトリレーの注文が入りました
この商品の 出荷先は決まっていまして 一般販売はしておりません

詳しい車種は当社では分かりませんが
ハロゲンバルブ仕様のヘッドライトの場合 消費電流を抑える為なのか?
PWM駆動をしている車種が有ります 最近はこのような仕様の車両が増えたとかで
先日、基板等も追加で製作しました
PWM制御は 電源を細かくON、OFFを繰り返します
ハロゲンバルブであれば OFFでも発光したままですので大丈夫ですが
LEDライトキットにもよるとは思いますが OFFの時は完全に消灯しますので
ちらついて見えたり 暗く感じたりします

このリレーキットは PWM信号をトリガーとして 
バッテリーから直接綺麗な電源をLEDライトキットに供給します
その為マイコンでPWM信号を監視して本体内部のリレー制御しています

IMG_20230523_122148003640.jpg

ヘッドライトのLO HIの切り替え時などのために 点灯、消灯時に
タイムラグを設けたりもしています
たくさん出る商品ではありませんが 必要な商品とのことで
商品自体は 3度のマイナーチェンジをして今に至っています
出荷前の検査で シミュレーターにかけて異常有りませんでした

IMG_20230523_171348187640.jpg

防振防水の為 シリコンで埋めて完成となります
硬化しましたら 発送します

tag : PWMLEDシミュレーターマイコンリレーキット

誰だ!

誰だ!
こんな所に 液体パッキンを塗り込んでシフトブーツをはめたのは・・・

マニュアルトランスミッションのシフトブーツ付近から ミッションオイルが漏れています
この場合 疑うのはミッションからシフトレバーが出てくることろのゴムブーツの破れです

良くありますから 見てみると・・・
破れはしていませんが ミッション側からブーツが外れています
ここはタイラップ(結束バンド)で締め付けて有りますが タイラップも外れています
外れる前に 破れる方が多いので 不思議と思っていたら・・・

IMG_20230527_144125308640.jpg

矢印の溝に液体パッキンを充填して ブーツをはめてタイラップで締め付けて有りました
おそらく ブーツも溝にはまっていたのか? 怪しいと思います
結局、ブーツの溝から液体パッキンを取り除くことに・・・

こんな狭いとことで 溝の液体パッキン剥がしです
30分以上かかって 剥がしました
写真は ある程度剥がしたところでパチリです

余計なことをしてくれます!

セロー EMSのセッティングです その1

私のセロー(DG17J)は ヤマハ純正ECUではなく
当社の エンジンマネージメントシステムEMSで動いています

IMG_20230513_094734654640.jpg

セッティングも終了して 最近はパソコン接続する必要も有りませんでした
マルチスパークアンプMSAや レデューサーのテストも行ったりして良い相棒です
今回、少し変更してやろうと思いまして パソコンをEMSと接続しています 
普段はスマホをEMSと接続して メーターとかデーターロガーの 記録媒体として使用していますが
実際にいじる場合は パソコンを接続しないとできませんので・・・

IMG_20230513_100536413640.jpg

現状は 私好みのセッティングとしています
スタート時にクラッチを 半クラッチから完全につながるまでとか
前走車が加速したので こちらも加速する
このような時に 純正のセッティングではトルクが少し薄い状態でした
この部分を改善するために 燃調は少し濃い状態としています
これで 市街地半分 山の中半分 合計150kmほど走って 燃費は約33km/L
聞くところによると 40km/Lは行くとのことで 試してみようかと思いました
その為の準備として 現状の空燃比を知るために 
走り回ってデーターロガーで ログを取り 平均化した物がこちらです

IMG_20230513_142854577640.jpg

これを元に 俗に言う燃料マップを 調整します
この時 空燃比を正確に取るために エアーインジェクションシステムは 一時的に止めています

tag : フルコンEMSエンジンマネージメントシステムセローデーターロガー空燃比DG17Jログ目標空燃比

BANDIT1200 息継ぎ?

半年ほど前から BANDIT1200で息継ぎが発生しました
発生頻度が少なすぎて 未だに原因不明です

発生頻度は 走行20~30kmで1回出るか出ないか?
回転数は 4000rpm付近で 全開ではなく アクセル開度20~30%で加速中です

開発テストや作動確認で いろんな物を付けたり外したり・・・
配線もその都度 必要があれば変更しています
セッティング内容も場合によっては 変更します
こんなことばかりしていますから 何をしたら??? これも分かりません・・・
点火なのか 燃料なのか それとも両方?

あまり不便とも感じませんでしたので 放置していましたが
天気も良いので そろそろ真剣に原因を探すかと思いまして 
会社の回りを一回りしてきましたが 症状は出ません・・・

IMG_20230524_145503140640.jpg
 
こんなもんですよね~
症状が出なければ 手も打てませんが・・・
予測を付けて いろいろ変えてみます
まずは ステージ噴射から変更してみます

IMG_20230524_150933083640.jpg

BANDIT1200は GSX-R1000K7のスロットルを使用しています
インジェクターは 1気筒で2本使用してEMSで制御しています
この影響なら セカンダリーインジェクターは 5000rpm以上で作動するように変更してみます
これでも発生すれば また違うことを考えます・・・

このような方法で 探ります・・・ 気の遠い話ですね~(笑)

tag : フルコンEMSエンジンマネージメントシステムインジェクションBANDIT1200データーロガーGV77Aログ

4連スロットルのハイラックス 

4連スロットル仕様のハイラックスです

エアコンONの時にハンチングが発生して 調整を行いました
その後ハンチングは収まったようですが 燃調が濃くなりすぎたようでして・・・
今回はこの調整です

IMG_20230417_141924508640.jpg

前回、入庫したときの記事です
http://twintop1.blog.fc2.com/blog-entry-3229.html
アルファーN制御の場合 どうしてもアイドリング付近の負荷変動に対する調整は苦手になります
スピードデンシティーに戻せばとも思いますが 一度、アルファーNを味わうと・・・
そんなことで 再調整を行っています

IMG_20230522_172531835640.jpg

ついでに 先日セローでも行いました 空燃比計のキャリブレーションも行っておきます
この車両も INNOVATE LC-2ですから 比較的簡単です
ただ、センサーを排気管から外しますので リフトに上がっているタイミングで行います

tag : フルコンEMSエンジンマネージメントシステムインジェクション4連スロットル空燃比4スロHILUXハイラックス

プロフィール

twintop yoshi

twintop yoshi
車やバイク用の点火チューニングパーツ、V-UP16やマルチスパークアンプMSAの製造販売、当社のエンジンマネージメントシステムEMSフルコンを使用して キャブ仕様からインジェクション仕様への変更も行ったりしています

リンク
フリーエリア
ランキングに参加しています  よろしければ クリックをお願いします
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR